菊花賞の賞金額は1億円以上!?もっとも高額なレース

高額な菊花賞の賞金額

菊花賞の賞金額について

日本中央競馬会のG1レースである菊花賞は、3歳馬のクラシックの最終戦という位置づけにあるレースで、1着賞金も非常に高い額となっています。例えば2015年の菊花賞の場合、1着賞金は1億1200万円という額でした。
同じような時期に行われた日本中央競馬会のG1レースの1着賞金と比較してみますと、菊花賞の1週前に行われた3歳牝馬限定の秋華賞が8900万円、菊花賞の1週間後に行われた天皇賞秋では1億5000万円となっており、菊花賞の1億1200万円はその中間程度の金額にあたることが分かります。
また、2015年暮れのグランプリ有馬記念は2億5000万円、外国馬も参戦してくるジャパンカップは3億円となっています。

有馬記念、ジャパンカップなどは歴戦のつわものである古馬も多く参戦してくるため、3歳馬限定で行われる菊花賞に比べて1着馬の賞金額が倍以上になっているのです。
ちなみに2015年の春シーズンの主なG1レースの1着馬の賞金額は、3歳クラシックレースである皐月賞が9700万円、ダービーが2億円、古馬のレースでは天皇賞春が1億5000万円、安田記念が1億円、宝塚記念が1億5000万円となっています。
ただし、賞金額も去ることながら、G1レースに出走する馬の馬主さんにとっては賞金よりも名誉が欲しいという一面があることも否定できません。

賞金額だけを単純に比較してみますと、3歳クラシックの最終戦という位置づけのある菊花賞の1着賞金が随分低いとも感じます。
同じクラシックレースであるダービーの約55パーセントの額でしかない訳ですが、菊花賞の勝ち馬のオーナーになることを夢見ている馬主さんは沢山いるのです。
いい例が2015年の菊花賞を勝ったキタサンブラックの馬主の北島三郎さんです。北島さんは演歌界で超一流の人物ですが、それまで自分の持ち馬が菊花賞を制したことは1度もありませんでした。

従って2015年は勝てるチャンスのあるキタサンブラックが出走するということで多いに力も入ったと思われます。
そして念願の勝利をおさめ、その喜びから表彰式で京都競馬場に来場したファンの前で「祭り」を熱唱したのです。
演歌の大御所をこういった気持ちにさせるほど、大レースでの勝利というのは馬主にとっては嬉しいものなのです。
今後もG1レースでは数々の名勝負が繰り広がられることを競馬ファンは期待しており、G1ごとに様々なドラマが起きることも楽しみにしています。

2016年の菊花賞はどの馬が賞金を勝ち取るのか今からわくわくしますね。
菊花賞の予想をしているサイトを参考に、楽しんでみてはいかがでしょうか。

©2016 菊花賞の賞金額は1億円以上!?もっとも高額なレース